TransifexでのDjangoドキュメント翻訳の進め方

ログインする

事前にアカウント作成、チームへの参加をし、作成したアカウントでログインしてください。

翻訳したいリソースを開く

Transifexのプロジェクトを開きます。

django-docsプロジェクトの画面から翻訳したい言語 Japanese を選択します。

以下のように翻訳対象のリソース一覧画面が開きます。

ここから翻訳したいリソースを選び、クリックします。それぞれはDjangoのドキュメントを大まかに分割したもので、例えば以下のようなページと対応しています。

クリックするとポップアップが開くのでTranslateをクリックしてください。

クリックできない場合、ユーザーが作成されていないか翻訳チームに参加できていません。参加リクエストを送信済みであれば、管理者に招待されるまでお待ちください。

翻訳の進め方

翻訳するリソースを決定すると、Transifexの翻訳画面が開きます。

  • 左側に翻訳対象の文と、翻訳語の文が一覧表示されます
  • 右側に翻訳文の入力欄が開きます

一覧から翻訳文の無い英文をクリックで選択し、翻訳文を入力します。

入力できれば Save をクリックして保存できます。

翻訳の流れは以上です。Transifexには他にも機械翻訳連携や用語集への単語追加などができますが、ここでは紹介しません。


翻訳後のドキュメントはどこで見れるの?

現状、Transifex上で進めている最新ドキュメントの翻訳は https://docs.djangoproject.com/ja/ で公開されています。

翻訳はすぐにではないですが、随時反映されます。