Django v1.0 documentation

ファイルストレージ API

revision-up-to:8961 (1.0)

Storage.exists(name)

name に指定した名前のファイルが存在する場合に True を返します。

Storage.path(name)

ローカルファイルシステム上のパスです。このパスは、 Python 標準の open() で開けます。ストレージシステムにローカルファイルシステム経由でアクセスでき ない場合、この関数は NotImplementedError を送出します。

Storage.size(name)

名前が name のファイルのサイズをバイト単位で返します。

Storage.url(name)

名前が name のファイルのコンテンツにアクセスするための URL を返します。

Storage.open(name, mode='rb')

名前が name のファイルを開きます。このメソッドが返すオブジェクトは必ず File クラスまたはサブクラスであると保証されていますが、リモートのファイ ルストレージにアクセスするサブクラスの場合、読み書きが極めて遅くなるかもし れないので注意してください。

Storage.save(name, content)

ストレージシステムを使って name に指定した名前の新たなファイルを保存し ます。 name と同じ名前のファイルがすでに存在する場合、ストレージシステ ムはファイル名を変更して、一意な名前に付け変えます。実際に作成されたファイ ルの名前を返します。

content 引数は、 django.db.files.File クラスかサブクラスの インスタンスでなければなりません。

Storage.delete(name)

名前が name のファイルを削除します。ファイルが存在しなくても、例外を送 出しません。