Django v1.0 documentation

サードパーティによる Django ディストリビューション

revision-up-to:8961 (1.0)

最近、いくつかのサードパーティのディストリビューションプロバイダが、パッケー ジ管理システムに Django を含めるようになりました。パッケージ管理システムを 使うと、Django の動作に必要な依存関係のあるコンポーネント (データベースアダ プタなど) を自動的にインストールできるため、インストールやアップグレードの 作業が大幅に簡単化されます。

通常、サードパーティのディストリビューションパッケージは最近の安定版リリー スの Django をもとに作成されます。このため、開発版の Django を使いたければ、 開発バージョンのインストール方法 の説明に従って、Subversion リポジトリから取得する必要があるでしょう。

FreeBSD

FreeBSD の ports システムは、 Django 0.96 (py-django) またはそれ以降 のバージョン (py-django-devel 、ただし最新版ではない) を提供しています。 一般的な構成の FreeBSD に Django 0.96 をインストールするには cd /usr/ports/www/py-django && sudo make install clean とタイプします。

Linux ディストリビューション

Debian

Debian GNU/Linux では、 Django の debian パッケージ を利用できます。 バージョン 0.95.1 は “stable” リポジトリから、 0.96 は “testing” および “unstable” リポジトリからインストールできます。どのリポジトリを使うにしても、 apt-get install python-django でインストールできます。。

Debian 向けのパッケージをインストールする場合、 apt はデータベースアダ プタのインストールを勧めてくるでしょう。 Django と組み合わせて使いたいデー タベース向けのアダプタを選んでインストールしてください。

Fedora

Fedora Linux 向けの Django ビルドは “Fedora Extras” リポジトリに入ってい ます。 現行の Fedora パッケージ は0.95.1 に基づいており、インストールするには yum install Django とタイ プします。

Gentoo

Gentoo Linux 向けの Django ビルドは 0.96.1 を使っています。 現行の Gentoo ビルド をインストールするには、 emerge Django とタイプします。

Ubuntu

Debian の python-django パッケージは Ubuntu Linux でも利用でき、 Ubuntu 7.10 (“Gutsy Gibbon”) の “universe” リポジトリに入っています。 現行の Ubuntu パッケージ は Django 0.96.1 ベースで、 Debian と同じ方法でインストールできます。

Mac OS X

MacPorts

Django 0.96 は MacPorts からインストールできます。 Python 2.4 を使ってい るのなら、 sudo port install py-django-devel でインストールします。 Python 2.5 なら、 sudo port install py25-django-devel です。 MacPorts を使えば、バックエンドデータベースや、データベース用の Python インタフェー スモジュールのインストールも行えます。

ディストリビューション作成者のための情報

ディストリビューションパッケージを作成したいと考えているなら、喜んでお手伝 いします。まずは django-developers メーリングリスト に入って自己紹介してください。

また、ディストリビューション作成者は、 django-announce メーリングリスト にも入っておくよう勧めます。このメーリングリストは (とても) 流量の少ないメー リングリストで、 Django の新しいリリースやバグフィクスに関するアナウンスが 流れます。